あまりにリア充過ぎて悔しくなるペンギンが話題に

ペンギンといえば誰もが愛する鳥ですが、こちらはそんなペンギンを撮影するスタッフの写真と、ペンギンたちの様子です。ところが手前にはなんとも大きな影。いったいこの陰はいったいなんでしょうか。恋愛がご無沙汰であるという方にとっては少々きつい「閲覧注意」の可能性もある写真ではありますが、多くの人が心温まる写真であると期待したいものだ。

 d9d736a0

 

なんと撮影スタッフを尻目に、仲良く二人で寄り添いあう夫婦。しかもオスのペンギンがメスを厚く抱きしめている姿は非常にほほえましく、われわれ人間に会い通じるものがある。本当に愛し合っているというある意味「リア充」のようなペンギンの姿が印象的だ。きっとこの写真をナショナルジオグラフィックに投稿したらすぐに採用されるのではないかという声も。(ただしオスとオスという可能性も否定できない)

―ペンギンは基本一夫一妻制

ペンギンをはじめとする鳥類は人間(国によるが)と同じ一夫一妻制である。おしどり夫婦なんていわれるほど番の中が良いことで知られている。この二人のどちらかが浮気をしないように願いたいものだが、実際にはDNA鑑定の結果浮気をする鳥もいるとの事だ。

http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/017/ss_4.html

―海外の反応

・ ペンギンの撮影をするカメラマンを垣間見るペンギン・・・。
・ ペンギン「彼らは非常に美味しいよ!」
・ このペンギンの愛に腹が立ちます。
・ ペンギン「きっと彼らはペンギンを食べちゃうんでしょうね。」
・ あまりにも私と同じすぎる。
・ 私は地球上の動物の中でペンギンが最も殺して食べるのが難しいと思う。
・ 私はこの夏、北極への旅のためにこれをブックマークします!
・ いや同性愛者かもしれないと思う。
・ 私はこの写真が大好きです。
・ これらのペンギンは、ナショナルジオグラフィックにぜひ投稿すべき
・ ペンギンは一夫一婦制である
・ 私が今まで見た中で最高の写真だ。
・ 幻想的な写真だ!
・ これは私が涙を流した。
・ フォークランド諸島?
・ これは私は悲しく感じるわ・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク