ロンドン動物園にいる皮膚垂れ過ぎな「カエル」がキモカワイイと話題に!

こちらロンドンで見つけたといわれている正体不明の謎のカエルである。見た目ははっきりと「カエル」と認識するには難しく、なにか液体のようなものが付着しているようにしか見えないのだ。ただ、じっくり見てみるとカエルのパーツらしきものが若干見えることから、このような形状をしたカエルの種類ではないかと思われるが、はたしてどのようなものなのだろうか。

12728b00

こんなカエルがいるものなのか?と半信半疑であったが確かにこのようなカエルはロンドン動物園にいるようだ。またツイッターなどでは別の角度から撮影したこのカエルが映し出されており、案の定ちょっと不思議な形状をしていることが明らかになった。もちろん奇形などではなくこれが普通の状態のカエルなのだという。

―カエルの正体は「イエアメガエル」

詳しく調査をしてみるとこのカエルの正体は「イエアメガエル」というらしく、皮膚が垂れ下がり、鼓膜を覆うこともできる珍しいカエル。またペットとして飼育されることもあるようで日本にも輸入されているため飼うこともできるようだぞ!!

ただし写真を見ると、本当に気持ち悪い形をしたものもあるので必ずしも「キモカワイイ」状態に仕上がるかどうかは未知数だ。

ネットでは「なでなでしたい」「カワイイ」などと好評。いつか生でこのカエルを見てみたいものだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク