年齢別の死因内訳図(2014年)。若者は病死が少ないから当然だが、何度見ても痛々しい。

NewImage

スポンサーリンク
スポンサーリンク