寝る前、絶対にこれだけはしてはいけない

寝る前に読むだけでイヤな気持ちが消える心の法則26

布団に入り、眠りにつくまで、あなたは普段どんなことを考えているだろうか。別に思い出したくもないのに、上司に叱られたことが頭をよぎる。友達に言ってしまったひとことを後悔したり、自分のミスを反省したり、将来のことが心配になることもあるかも。でも、実はそれ、全部寝る前には絶対にしてはいけないことなのだ。

『寝る前に読むだけでイヤな気持ちが消える心の法則26』(中村 将/KADOKAWA 中経出版)によると、記憶は眠っている間に海馬(かいば)で「残しておく記憶」と「消す記憶」に整理されるので、寝る前に嫌なことを振り返ったり、悪かったことを反省すると、海馬がその情報を鮮明に自覚してしまい、「残しておく記憶」としてずっと記憶されてしまうという。ならば、寝る前にはどんなことを考えればいいのか。その内容と反省や後悔、心配をしないための法則をこの本から紹介してみよう。

仕事をしていると、横暴な上司や無理難題をふっかけてくる取引先の人、意地悪な先輩もいるはず。そんな人たちには、「拾った棒の法則」で対処しよう。5歳ぐらいの男の子が公園で長い棒を見つけて拾った。すると、必ず「エイッ! ヤーッ!」と棒を振り回すはず。そして、誰彼かまわず斬りつけて、しまいには本当に体に棒が当たってしまい、泣く子まで出てくる。実は、横暴な上司や無理難題をふっかけてくる取引先の人、意地悪な先輩もそんな子どもと同じなのだそう。ここから逃れるには「こちらが大人になって“やられた振り”をしてあげる」のが最善だという。自分は悪くないのに納得できないという人もいるかもしれないが、相手は「やられた振り」をしてあげないともっと痛い目に合わせようとしてくる。それにいちいち悩んだり、こっちの身がもたなくなる前に、やられた振りをして受け流してしまえばいい。

http://news.infoseek.co.jp/article/davinci_3724

ネット上の反応

・妄想も危ないよ。気づいたら何時間も経ってて朝になったりする
・飲酒とかも安眠を妨げるんだぜ?
・「普段、舌ってどこに置いてたっけ?」って考え出したらマジでアウト
・携帯いじると寝付けなくなるから就寝2時間前ぐらいからさわらないようにしてる

スポンサーリンク
スポンサーリンク