『銀魂』空知先生の返し最高すぎる

私は「バクマン。」を読んでからというもの、ジャンプ編集部に就職したいと思っています。

また、空知先生の前担当の中崎さんはT大卒だと知り、
高学歴の人も入っているのだと分かり、より一層就職したいと思いました。
私はマンガを見る目があると自負しております。
「このマンガはもうじき終わる」や「あのマンガはコテ入れした」などがすぐわかります。

ここで質問です。
中崎さんはヒラですか?それとも上の奴ですか?
また給料はどのくらいですか?
中崎さんに聞いてください。

(答え)
という事で、生粋のバクマンっ子からお手紙いただきました。
残念ながらエリート中崎は現在マーガレットの方で編集をやっているので給料の詳細は書けませんが、
一つだけいえるのは彼は確かに高学歴ですが、飲み会で股間にタバスコをかけて号泣するほどの
知能指数しかもちあわせていないという事です。

チーズなどの乳製品をぬったら痛みがなくなったと得意気に語っていたアホヅラが忘れられません。
という事なんで、編集に学歴などは関係ありません。

バクマン。ではカッコよく描かれていますが、彼らの知能指数はほぼチンパンジー弱です。
だからテコ入れをコテ入れとのたまう君にも十分チャンスはあります。

ただ、この漫画はもうダメだとか欠点ばかり見ているようではいけません。
粗探しは誰にだってできるんです。

面白い部分、その漫画の武器となる部分を見つけ、それをよりいかすためにどうしたらいいか考える。
そういう能力が編集には必要なんです。
勿論容易なことではありません。

でも、どんなに安月給でもどんなにチンパンジーでも、
共にそうした地獄を歩んでくれる相棒を我々漫画家は求めています。

どうせ目指すなら、あなたもそんな熱いチンパンジーを目指してください。
そして股間にタバスコだけは危険なので絶対にマネしないでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク