歯科学生が作った「入れ歯チョコ」がリアルすぎる

歯科学校に通う生徒が作った「バレンタインチョコレート」が気持ち悪いとネットで話題となっている。気持ち悪いというよりも妙にリアルでこの物体をチョコレートをするという発想がなかなか無いため、妙な違和感を覚えてしまうのである。ちなみにこのチョコレートは家族には不評なのだというが、はたしてどのようなチョコレートが出来上がったというのだろうか。

BgWEOirCIAAZqb_

こちらが話題になっている「入れ歯チョコレート」である。歯科学生ということでそのクオリティはあまりにも高い。どのように作ったかについては後述するとして、もちろんすべて食べることができるようだ。「歯」に見える部分と「歯茎」の部分はそれぞれ「ホワイトチョコレート」と「普通のチョコレート」を使い分け、本物に近い歯を演出している。とはいえ、これだけリアルにできてしまうとさすがに男性もドン引きしてしまうのではなかろうか。

ドン引きさせるための「お別れチョコレート」には最適なのかも。

―製造方法

歯科学校にある「歯型」を利用したのだという。確かに普段石膏などを入れリアルに患者の歯を再現さているため、その再現性は異様に高い。職業柄、やはり普段このようなものを見ているとどうしても作りたくなるのであろうか。それにしても不気味だ。

ちなみに業務用ではなくコンシューマー向けの歯型もある。

―ネットの反応

・ 実習で使う模型の型で、
・ いらねえwww食べづらいwww
・ 入歯っていうより模型チョコやないかい(゜д゜)この発想はなかった
・ 調べてみたらお菓子作り用の入れ歯の型が売っているらしい
・ 歯茎の色が悪いですな。
・ か、かわいいいー!!!
・ ぎゃあ~っ
・ どこで買えますか?
・ これはわしもいらないwwwwww
・ ふつーに欲しいww
・ 買ってでも欲しいです
・ かっこいいですね
・ 歯も食えるの
・ 歯はホワイトチョコ?
・ 割って食おう

スポンサーリンク
スポンサーリンク